LAねぶた制作

  今年も「南加青森県人会」よりオファーがあり、竹浪比呂央と手塚茂樹・

ねぶた制作スタッフはアメリカ・ロサンゼルス滞在中です。

来年のロサンゼルスのリトルトーキョーにて『二世ウィーク』の
お祭りで運行される、ねぶたを制作します。

題名は「公時(きんとき)」です。

 2015年にもロサンゼルスにて、ねぶたを制作をし、今回で3回目です。

制作場所は、日本人が多いリトルトーキョーの外れにある、元倉庫の建物です。

ここで青森県出身者だけでなく、ねぶたに興味がある日本人が参加して、

ねぶたを作っています。制作が始まって実質2日ですが、早くも

ねぶたの送りの骨組が完成し、紙貼りが始まりました。

倉庫の中で作っているので、送りの骨組が完成した時点で、

入口から外に出せるかどうか確認しました。

夕方には表側の制作も始まり、日本から送っておいた、主人公(坂田公時)

の面と両手(になる針金)を取り付けました。

制作は1021日まで続きます。