ご支援御礼

 

お陰様にて、『百の鍾馗』

クラウドファンディングの目標を

達成することができました。

皆様からのあたたかいご支援に

心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

4月17日から作図を始め、その下絵を

基に5月8日から本画に着手、以来

毎日筆を執っております。

現在35作目まで来ましたが、まだまだ

遠い道程です。

最後まで魂を込めて描き上げる

つもりですので最後まで魂を込めて

描き上げるつもりですので

今後も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

「祈・疫病退散 鍾馗百図」

「わさお」天国へ・・・

 

6月8日、鰺ヶ沢町の秋田犬「わさお」が亡くなりました。

ねぶた研究所では2011年に映画「わさお」にて、

映画内に登場する『わさおねぶた』を手塚茂樹が

制作した経緯があります。

映画の撮影現場でも手塚は、以前亡くなられた

飼い主の菊谷さんに「わさおにそっくりに

作ってくれた」と喜ばれ、嬉しかったことを

覚えており、今回わさおまで旅立ってしまって

本当に残念に思っています。

映画は公開直後に東日本大震災が起こり、

残念ながら大きな話題になりませんでしたが

「わさお」の役を吹き替えなしの「わさお」

本人(本犬?)が演じるという非常に

画期的な映画でした。

 

わさおは菊谷さんとつばきちゃんと

志村けんさんのもとで

楽しく走りまわっていると思います。

 

今まで楽しませてくれて

ありがとう・・・。

『鍾馗百図』の挑戦スタート

 

先日のお知らせでお伝えしたとおり

本日6月1日より竹浪比呂央の鍾馗百図への

挑戦がスタートいたしました。

インスタグラムにて1作目の鍾馗を

アップしております。

また、鍾馗百図の屏風・画集制作のための

クラウドファンディングも同時に開設

いたしました。

絵をご覧いただき、ご支援をいただければ幸いです。

 

インスタグラム
●竹浪比呂央ねぶた研究所【公式】
●ユーザーネーム「takenami.hiroo_nebuta.labo」

https://www.instagram.com/p/CA4GjiKpxPS/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

 

クラウドファンディング【campfire】

https://camp-fire.jp/projects/view/288626?list=projects_popular

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お知らせ

 

明日5月29日(金)15:50~

RAB青森放送「ZIP! FRIDAY」にて

『鍾馗百図』の話題で、竹浪比呂央がゲスト出演いたします。

是非ご覧下さい。

※こちらの番組は青森県内のみの放送となっております。

『鍾馗百図』

 

すでにテレビや新聞にてご存じの方もいらっしゃるかと

思いますが、この度、竹浪比呂央が『鍾馗』を100作描く

挑戦をいたします。

『鍾馗』を100作描こうと思ったきっかけは

青森ねぶた祭が2020年、戦後初の中止となり、

ねぶた制作が出来なくなったことです。

青森市民にとってねぶた祭は生きる活力であり、

ねぶたの無い夏は想像ができません。

本来であれば制作に向けるはずの熱意をもって

何ができるかを考えました。

 

日本では端午の節句に、病魔退散や学力向上の

効力を持つ「鍾馗」の絵や人形を魔除けとして

飾る風習があります。

また、ねぶた祭の長い歴史の中には、

数多くの鍾馗ねぶたが制作されてきました。

この鍾馗の姿を、竹浪比呂央が1日1作色紙に描き

毎日インスタグラムで公開します。

ねぶた祭とも縁の深い鍾馗の神道力をもって、

世界中の人々を苦しめ、青森ねぶた祭を中止に

追いやった新型コロナウイルスの消滅終息を願うと共に、

子ども達の健やかな成長、学業成就を祈り

『祭は無くとも、ねぶたの灯は消さない!』との強い気持ち込め、

竹浪比呂央 2020年の創作活動としての作品を発表します。

 

そして100作の絵は六曲一双の屏風に仕立て『鍾馗百図』として展示公開し、

また竹浪比呂央初の画集としてまとめるため、

6月1日よりクラウドファンディングも開始します。

 

インスタグラムと併せてどうぞよろしくお願いいたします。

詳細は後日お知らせいたします。

 

お知らせ

 

甲州屋洋服店にて面・面・面マスクが

発売されています。

元々販売されている手ぬぐいでマスクが

作られています。

詳細は甲州屋洋服店までお願いいたします。

 

〈お問い合わせ〉

甲州屋洋服店

TEL:017-722-3363

FAX:017-723-2053

https://www.koshuya.net/

 

臨時休館のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため

誠に勝手ながら、当面のあいだ見学を休止

させていただきます。

大変申し訳ございませんが、ご理解・ご協力の程

よろしくお願い申し上げます。

開館につきましては改めて当研究所の

ウェブサイトでお知らせいたします。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大が

一刻も早く収まることを願っております。

第9回全国小・中学生ねぶた下絵コンクール除幕式

 

3月31日(火)、小・中学生ねぶた下絵コンクールで

最優秀賞受賞された原画を元に制作された

ねぶたのお披露目式でした。

 

中学生部門の中型ねぶたの制作者は野村昂史です。

中学生部門最優秀賞受賞

「マタギ『熊を討つ』」

小林 大悟さん(むつ市立大平中学校3年)

 

制作者 野村 昂史

ねぶた監修 竹浪 比呂央

 

野村昂史のコメント

今回の作品は原作者の小林大悟くんの

思い描いた迫力のある原画を制作させて

いただきました。

その原画の迫力をいかにして立体造形

できるか。また、熊や犬の個性を

うまく表現するかに神経をあつめて

制作に望みました。

色んな方々の助言や協力のおかげで

無事に完成、お披露目できたことに

感動と感謝の気持ちでいっぱいです。

 

制作したねぶたは、ねぶたの家ワ・ラッセ

の2Fエントランスに1年間展示されます。

 

関係者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2020はつはる展終了

 

第十回はつはる展が昨日で終了

いたしました。

たくさんの方々にお越し頂き

誠にありがとうございました。

研究生の色紙も展示され、

日頃の成果を皆様に見て頂く機会

となりました。

福袋も大変好評で、初日で完売

となってしまい、残念とおっしゃって

頂いた声が多かったので来年は

増やします!!

お楽しみに!!

 

次の色紙展は5月に五月展として

開催予定です。

 

 

2020はつはる展

 

昨日より第十回はつはる展が始まりました。

雨の中、たくさんの方々にご来場頂きました。

今回は色紙だけではなく、鳩居堂に展示

された掛け軸が特別展示されています。

 

今回も特別に用意した福袋も初日で完売

いたしました。

はつはる展は今日と明日まで開催中

ですので是非お越しくださいませ。